副業でアルバイトなんてナンセンス!

シェアする

一番手軽な副業といえば、アルバイトでしょう。
初期投資不要で確実。
履歴書を送ったり、面接に出向いたりする手間はかかるが、派遣とか登録制のアルバイトなら空いた時間に稼げます。
安月給だし副収入が欲しいな、バイトでもするかな、などと安易に考えてしまいがち。
でも、ちょっと待ってほしい。
考え直してほしい。
やめてほしい。

あなたにとって副業とはその程度のものですか?

金がない。
とにかく食うために、生きるために、金が欲しいというのであれば、バイトでコツコツ働くのが一番確実なのかもしれない。
でも本業である程度の収入があるのに食えないということは、安月給より他に原因があるはず。
まあ、大概は借金でしょう。住宅ローン、消費者金融、事業の借入。
次に浪費。ギャンブル、通販、子供の教育費。
離婚や訴訟による支出。
病気や怪我や障害。
もし、副業しないと食えない事情を抱えているのなら、この記事は読まないでほしい。
切り捨てるようで悪いが、この記事は本業の収入で慎ましいながらもちゃんと生活ができる人に向けて書きます。
そこまで特別な理由がないなら、本業が最低賃金を守る企業の会社員なのなら、普通のサラリーマンなら、ちゃんと生きていけますよ。
この日本なら。
個人事業者でもそう。
低収入だからといって、将来に不安を抱え副業を考えているなら、まずは安心して、焦らず、何をするのか考えてほしい。
貧乏でも楽しく生きていくことについては、また別の記事で書きたいな。

副業やるなら自分のビジネスを持て!

せっかくの副業です。
副業なのに雇われるなんてナンセンス!
自分で事業を立ち上げ、育て、継続的な収益を得ましょう。
技術やスキルを身につけるのもいい。
これは資産を自分で作るということです。
初期投資が必要なものはダメ。
金持ちさんは別ですが。
そういうのは副業で儲かってからやればいい。

自分のビジネスを持つことは難しいことではない。
そのハードルは現在も下がり続けている。
初期投資やリスクを負う必要もなくなった。
初心者がいきなり月何十万も稼ぐビジネスを一から立ち上げる、なんてことは、確かに難しいかもしれない。
でもあくまでも副業なんだから、そこまでは求めなくていい。
最初は月数万円で十分。
雇われず自由で楽しい将来に繋がるようなビジネスを選んでください。

副業でアルバイトなんてやってるなら、今すぐ辞めてしまえ!

本業より副業という生き方

本業なんて最低限の収入さえ確保できればいい。
だからこそ、副業には夢を持ちたい。
明るい未来を副業でつかめ!
副業の収入が本業を上回ってもいい。
そのときは本業は辞めてしまってもいい。

本業で出世できなくてもいい。
なんなら今すぐ本業をもっと楽なものに変えてもいい。
転職して、副業できる環境を作ってもいい。
本業なんてアルバイトでもいい。

アルバイトを本業にする

副業でアルバイトなんてナンセンスだと言いました。
では、アルバイトを本業にする、はアリなのか?
私はアリだと思います。
残業が多すぎて副業する暇がない人、ブラック企業に勤めてる人、給料が少ない人、勤めてる会社が嫌いな人、副業規制が厳しい会社に勤めてる人。
いきなり会社員を辞めて起業するのはハードルが高い。
そんな勇気はない。
アルバイトで少ないながらも安定収入を得て、副業する。
アルバイトじゃなくても、契約社員、派遣社員などの選択肢もあります。

何を隠そう、私も契約社員です。
正社員として働いていた会社を辞めて、契約社員として別の会社に就職しました。
給料よりも残業やノルマに追われることが少ない、ワークライフバランスを重視した転職先を探していたところ、正社員以外の働き方にもメリットがあることを知りました。
正社員にもワークライフバランスを与える、所謂ホワイト企業なども存在します。
社員に副業をすすめる企業も存在します。
だから一概には言えないことですが、どちらかというと「正社員は会社のために尽くさなければならない」という風潮の会社が多いように思います。
これは日本の終身雇用という文化の産物なのかもしれませんし、違うのかもしれませんが、例えばサービス残業をするのは非正規雇用者よりも正規雇用の正社員が圧倒的に多いんじゃないでしょうか。
非正規雇用者からすると、「正社員はアルバイトやパートをこき使うだけで、自分たちは楽をしている」という風に見えるかもしれないし、そういうイメージを持つ人もいるかもしれない。
でも実際には、会社の経営者が成果や責任を求める先は正社員の方なんじゃないかな。
ま、一概には言えないので、あくまで一つの選択肢として提案します。

アルバイトをネタにしてブログを書く

目先の金目当てにアルバイトで副業なんて非効率。
ただし例外もある。

  • 時給がかなり高い。
  • スキルや技術が効率的に得られる。
  • やりがいがあって、めちゃくちゃ楽しい。
  • 良い出会いがたくさんある。

などなど特殊な場合、メリットが十分にある場合はナンセンスとは言いません。

普通の一般的なアルバイトでも副業としてオススメできるケースはないものか、と考えていたら、これを思いついた。

ブログのネタにしてアフィリエイトで稼ぐ

例えば、コンビニのアルバイトをしながら、おかしな客のことを書く。
派遣のアルバイトをしながら、変わった仕事や派遣先のことを書く。
珍しいアルバイトの体験談を書く。
実体験に基づくブログはオリジナリティもあるし、需要もあるはず。
幸い求人広告は豊富にあります。
アルバイトの収入とアフィリエイトの収入がダブルで獲得できます。

ただしただし、アルバイト体験ブログはどちらかというとフリーターに有利。
会社員、サラリーマンは不利かもしれません。
珍しいバイトなら、面白おかしい文章を書けるなら、そこそこいけるかもしれませんが、やっぱり本業がある人には不利なんじゃなかろうか。
そもそも本業で忙しいのに、時給制のアルバイトなんてしていたら、ブログを書く暇がなくなります。
だからこの戦略、アルバイト体験ブログは少し無理がある。
わざわざアルバイトをネタにしなくても、本業をネタにできないのか。
もともと持ってる趣味とか知識とか、ブログのネタなんていくらでもある。

結局、副業でアルバイトなんて余程のメリットがない限りはナンセンス!というのが結論です。