雇われるだけが人生じゃない!ビジネスを立上げ不労所得を!

シェアする

何のために働くのか?
就職活動中の学生たち。
転職活動中のおじさん。
いい会社に就職して、安定した幸せな人生を夢見る人達へ。
ブラック企業など劣悪な労働環境が社会問題として取り上げられる機会が増えた昨今。
給料よりも、ワークライフバランスを重視し残業時間の少なさや休日数の多さ育児休暇取得実績などを基準に就職先を探す人が増えているようです。

夢のない就職、働かずに生きる自由

長時間労働や休日出勤は当たり前、サービス残業、休日出勤、パワハラ、ノルマ、プレッシャー、顧客や上司にペコペコと頭を下げ、疲労とストレスで少ない休日も家族サービスをする余裕がない。
食べていくために家族を養うために今の生活レベルを維持させるために、働く。
社内評価や派閥争いに翻弄され、真面目に働く者よりも要領の良い者が先に出世していく。
そんな親世代を見て育った子供たちが、何を思うか。
いい学校を卒業して、大企業に就職したとしても、電通のような事件がニュースになっている。
ホワイト企業と呼ばれる会社は限られている。
非正規雇用の数は増える一方だ。

そもそも私達はこの経済大国日本に生まれ、科学技術がめざましく発展する現代に、なぜこれほどまでに、労働や会社に支配されなくてはならないのか。
AIやロボット技術の発展で、10年から20年後には半分の仕事がなくなるとされている。
歴史的にも農業が始まり、産業革命が起こり、電気、通信、コンピューターなどが発明されてきた。
人類の生産性は確実に向上してきたし、働かなくても食べていける時代は、もうすぐそこまで来ている。

いや、実はもう既にそんな時代になっている。
生活保護など社会保障制度が整備され、働かなくても最低限の生活を送っている人たちが存在します。
株の配当や不動産の家賃収入など、働かなくても不労所得だけで裕福な生活を送っている人たちが存在します。
食料廃棄、空家増加は社会問題になっています。

洗脳という悪夢から目覚めろ!

私たちは、食べていくために最低限の生活を送るために働く、そんな理由付けは通用しない時代に生きている。

ではなぜ働くのか?
やりがいがあるからか?楽しいからか?もっと上の目標があるからか?夢があるからか?
働きたくて働いているのなら、それは素晴らしいことだと思う。
でも多くは、世間体を気にしているか、会社や社会からの洗脳によるものだと思う。
生活保護なんて肩身が狭い。
ある程度の服を着て、ある程度の食事をして、ある程度の家に住む。
子供にはある程度の教育を受けさせる。
国民総中流の概念、他人と同じであることに安心感を持つ国民性。
洗脳については、さらに角が立つので割愛しておきます。

私が言いたいことは、
会社のために働くのではなく、
世間体のために働くのではなく、
生き残るためのサバイバルごっこなんてやめて、
ゾンビのようなサラリーマンにならず、
人生を自由に楽しんでほしい、
ということ。
洗脳という悪夢から覚めてほしい。

リスクの少ない副業から始める

あなたは、働かなくても不労所得だけで生活できるようになったら、何をしたいですか?
誰にも雇われずに、時間や場所も気にせずに自由に働けるとしたら、やってみたいと思いませんか?

とは言え、自己資金もない人が、いきなり不労所得だけで生活するのは無理があります。
なんのスキルも人脈もない人が、いきなり専業で独立してビジネスを立ち上げるのもリスクが高い。

そこで私は副業から始めることをおすすめしています。
本業が忙しすぎて副業なんてしている暇がない人や、副業規制の厳しい勤め先の人には、転職して本業自体を見直すこともおすすめしています。
場合によっては本業なんて非正規雇用でもいいと思っています。

残業や休日出勤などしている暇があったら、副業すること。
時間や場所も気にせずに自由な副業を始めること。
その副業を育て、本業がなくても、それだけで生活できるようになること。
儲かったお金の一部は投資に回し、不労所得をえること。
最終的には不労所得だけで生活できるようになることを目指します。

もちろん本業で高収入を得ているなら、それを投資に回す方法でも構わないと思うし、自信があるなら、いきなり専業で独立しても構わないと思います。

ここで提案した方法は、私のように特に才能もない平凡な人が、リスクを最小限にビジネスを立ち上げる一例です。

また若い独身者などで、リスクを意識する必要が薄い人も、いきなり専業独立でいいと思います。
借金をしろと言っているわけでもないですし、自己資金なし初期投資なしで始めれば、大したリスクでもないです。

目指すは不労所得

1000万円を年利5%で運用すれば年50万円の不労所得。
5000万円を年利5%で年250万円。

何千万円も貯められないよ、と思いましたか?
年利5%なんて今の時代には無理?
年収250万円では足りない?

まず、絶対に不労所得だけで生活しろというわけではないのです。
例えば年10万円だけの不労所得でも、無いより有った方が良いに決まってます。
200万円を年利5%で年10万円です。
ビジネス収入プラス不労所得と複数の収入源があると将来のリスクヘッジにもなります。

年利5%というのは、銀行の定期預金とか日本国債では確かに無理です。
J-REATが3%から4%くらい。
maneoが5%から8%くらい。
日経平均は昨年10月17,000円前後だったものが今年10月は21,000円を超えてきています。なんと年利23%!
個別にマンションや一戸建を買って賃貸してみてもいいかもしれません。
海外資産への投資も検討してください。

年収250万円では足りませんか?
月収20万円ありますよ。
贅沢しなければ余裕で家族を養えると思うのですが。
独身なら尚更です。
自分自身が最低いくら位の収入があれば、食っていけるか、食っていく自信があるか、把握しておくと安心感が得られると思うのですが、どうでしょう。
年収1000万円以下では死んでしまうという人もいるのでしょうが、逆に不幸なんじゃないかな。

貧乏を恐れるな!夢を捨てるな!

就職活動中の学生さん。
転職活動中のおじさん。
気に入った就職先が見つからなくても、どこも雇ってくれなくても、自分でゼロから金を稼いで、貧乏でもたくましく、明るく楽しく元気よく生きていきましょう。
社畜になるよりはマシです。