魔の2歳児とも言われるイヤイヤ期をどうやって乗り越えるか!

シェアする

うちの子ももうすぐ2歳3ヶ月になります。

来てますよ!イヤイヤ期!

食事中、食器や食べ物を投げる。(たぶん、お代わりが欲しいとか、これ食いたくないとか思ってる様子)

オムツや服を着せようとしたら嫌がる、逃げ回る。

歯磨きを嫌がる、泣き喚く。(毎回、最終的には両足で押さえつけて歯磨きします)

風呂上りに体を拭くのを嫌がる。ドライヤーも嫌がる。

チャイルドシートを嫌がる。

歩くのを嫌がる。

だっこ!だっこ!だっこ!

ちょっと検索すると皆さん同じような悩みを抱えて戦っているようです↓

イヤイヤ期が辛くて、2歳児を育てたことがある全ての人をリスペクトしていますイケメン息子とぐうたら猫の成長見守りブログ

まあ、たぶん、うちの子はマシな方だと思うのですが、大変。

イヤイヤ期とは自我が芽生え始め、自分の要求をぶつけてくる第一次反抗期のことです。このイヤイヤ期と言われる時期は、発達段階において避けては通れない、みんなが通る道。子供が順調に成長している証の一つとも言えるでしょう。

生まれてすぐは生理的な欲求(オムツが気持ち悪い、お腹が空いた、かゆい、痛いなど)を、泣くことで大人にお知らせしていた赤ちゃんですが、脳と全身の発達と共に欲求の種類も増え、言葉を話すようになってきます。

すると、徐々に自分の欲求や気持ちをママやパパなど周囲の大人にぶつけ

  • 自分の感情を人にぶつけるとどうなるか
  • その欲求は受け入れられるのか
  • 相手にも気持ちがある
  • 泣く以外に思いを伝える方法がある

などを体験し始めます。イヤイヤが次第にエスカレートし、こういった体験を何度も繰り返すうちに、感情のコントロール方法や他人への思いやりなどを身に着けていく、子供にとってとても大切な時期なのです。

マーミー」より

順調に成長しているということだ。そういうことなのだ。。。

イヤイヤ期が落ち着くのは3歳から4歳位らしい。まだまだ先は長い。

コメント

  1. 匿名 より:

    うーん