断捨離して部屋を片付けたい!でも、夫婦間トラブルに注意!

シェアする

我が家はマンション暮らし。

子育て中、共働きの我が家は、やはりどうも散らかり気味。

子供がいると物が増える!

何せ物が多い!

子供服

すぐに汚すから、着替える量が多い。

すぐに大きくなり、サイズが変わる。

なんだかんだ人からもらったりして、着てない服も多い。

おもちゃ

これも人からもらったりしてどんどん増える。

なんでもないゴミのような物までおもちゃにして遊んだりする。

食器類

これも成長に合わせることになるので増えます。

最初は哺乳瓶、プラスチックの食器、スプーン、フォーク。

調理道具も増える。

とにかく物が増えて片付けが大変になるが、共働き夫婦には綺麗に片付ける余裕がなかなかないんよね。

片付かない、家事の効率が下がる、余計に時間がなくなる、余計に散らかる。

魔の悪循環。

そこで断捨離!

もうこれしかない、と思うね。

物を捨てて少なくする。

収納スペースが増える。

片付けが簡単になる。

時間に余裕が生まれる。

部屋が広くなる。

心に余裕が生まれる。

幸せ。

ハッピー。

さあ、この好循環よ、来い。

夫婦、家庭における断捨離。

ただし、この断捨離、夫婦間にトラブルを起こす元凶となる場合があるようです。

人により、物を捨てるこのに抵抗が少ない人と、物を捨てることに抵抗が多い人がいる。

うちの場合、僕は前者、嫁さんは後者です。

過去にも小さなトラブルがあった。

ま、書くほどのことでもないので、書きませんが。

試される夫婦間のコミュニケーション。

夫婦間にトラブルを産まず、亀裂を作らず、穏便に、しかし大胆な断捨離を行うためには、よく話し合い、相談し、納得し合った上で、計画を立てて、実行する必要がある。慎重に。慎重に。

で、今の状態では、僕から提案し、プレゼンし、断捨離の必要性やメリットを嫁さんに受け入れてもらわなければならない。

物を捨てることに抵抗があり、物を捨てることがストレスになる嫁さんを相手に、だ。

うーん。めんどい。

片付けや断捨離について、調べてみた。

こんまりは知ってた。

他にやましたひでことか、石阪京子とか、有名なようで。

時の人、松居一代は「そうじ」というジャンルのようで。

いろいろ説があるようで、ネットの情報は混乱ぎみ。

我が家に合うものを取り入れ、計画を立てたいと思います。

いや、しかし、この「片付け」や「断捨離」というジャンルは、資格など必要なくプロになれる。

そして需要はある。

特に「もったいない」の精神を持ち、掃除は得意だが片付け整理整頓は苦手と言われる日本人には需要大。

うーん。ビジネスチャンスのニオイ!

僕は断捨離が家族のためになると信じてます。

ものが多すぎるのは良くない!